メニュー

レビトラ

著者:院長 福地裕三

レビトラについて

レビトラはバイアグラの次に開発された薬になります。

バイアグラより水に溶けやすく即効性があるのが特徴です。

日本では2004年より10mg錠が販売され、2007年より20mg錠が販売開始となりました。

2020年に特許期間満了に伴い、後発品のバルデナフィルが販売となりました。

服用について

性行為の1時間前に服用します。

効果が現れるのは空腹時であれば服用から20分くらいです。

作用時間は個人差がありますが4〜5時間程度になります。

またジェネリックもあり成分量や効果は変わりません。

服用は1日1回までとし、服用間隔は24時間以上あけて使用して下さい。

食事の影響を受けやすいため空腹時に内服して下さい。

食事をする場合は食前30分前に内服するか食後2時間以上あけてに内服して下さい。

項目 用量 料金
レビトラ 10mg・20mg 1,500円・1,800円
レビトラ ジェネリック 10mg・20mg 1,400円・1,600円

副作用

主なものとして顔のほてりや目の充血があります。

また頭痛や鼻が詰まる、動悸がすることもあります。

血管を拡張させる作用があるためこのような副作用がでやすいのです。

薬の効果が切れてくれば症状は収まります。

頭痛の症状が強いときはロキソニンの併用も効果的です。

併用禁忌薬

併用すると血圧が下ってしまうため禁止されています。

狭心症や心疾患に用いる薬

フランドル、ニトロール、シグマートなど多数

不整脈に用いる薬

アミオダロン、アンカロン

血栓塞栓性肺高血圧症に用いる薬

アデムパス

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME