メニュー

アフターピル

著者:院長 福地裕三

アフターピルとは

アフターピルは緊急避妊薬で最後の避妊手段として使われます。

性行為の後でも対応できる避妊方法になります。

性行為から72時間以内(エラella 120時間以内)に飲むことで十分な効果が得られます。

また早く内服すればするほど効果が高まるとも言われています。

避妊の作用について

排卵する際にLHサージという現象が起こり排卵されます。

アフターピルはこのLHサージを抑制することで排卵を阻害して遅らせます。

そのためアフターピル内服から5〜7日くらいは排卵が起こらなくなります

その間に精子は受精能力を失い妊娠を防いでくれます。

また排卵後であっても精子の侵入を抑制したり卵の着床を阻害する作用があります。

アフターピルの種類

レボノルゲストレル法

性交後72時間以内に1錠飲むだけで高い避妊効果が得られます。

また副作用もヤッペ法に比べ少ないのも特徴です。

ヤッペ法

昔は主流だったアフターピルになります。

性交後72時間以内に2錠飲んで、12時間後に追加で2錠飲む必要があります。

レボノルゲストレル法に比べ避妊効果が低く副作用が多くなります。

エラella法

日本では未承認ですが海外では主流の緊急避妊薬です。

性交後120時間以内に1錠飲むだけで高い避妊効果が得られます。

また副作用も多くはありません。

エラella(緊急避妊薬)

項目 用量 料金
レボノルゲストレル錠 1回分 9,000円
ノルレボ錠 1回分 11,000円
エラ(ella) 1回分 13,000円

副作用について

副作用は不正出血や吐き気、頭痛が見られることがあります。

内服後の妊娠確認

アフターピルを飲んでから3週間後に妊娠検査をしましょう。

生理がきたと思っても不正出血のこともありますし検査することをお勧めします。

予防について

アフターピルはあくまで臨時としての避妊手段になります。

定期的にリスクのある方は低容量ピルの内服をお勧めします

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME