メニュー

ヘルペス

ヘルペスとは

ヘルペスは性的接触により陰部や口唇に感染して発症してしまう病気です。

単純ヘルペスウイルス(HSV)には1型と2型がありいずれも陰部や口唇に感染します。

HSVに感染し症状を発症すると浅い潰瘍または水疱を形成します。

HSVは陰部に感染すると主に腰仙髄神経節などに潜伏感染します。

潜伏感染したHSVは何らかの刺激で再活性化されて皮膚や粘膜に病変を形成します。

一般的に初めてHSVに感染したときは症状が広範囲に強く出る傾向があります。

また足の付根が腫れたり発熱を伴うこともあります。

逆に再発の場合は初感染に比べ症状がマイルドなことが多いです。

単純ヘルペスウイルスの透過型電子顕微鏡画像
情報元:CDC

症状

男性の症状

感染機会から2〜10日間の潜伏期後に性器に病変が出現します。

性器のかゆみや違和感を伴い複数の水疱が出現します

痛みを伴う浅い潰瘍となり発症1週間前後が最も症状が強くなります。

足の付根が腫れたり発熱を伴うこともあります。

肛門性交による感染では肛門周囲や直腸粘膜に病変が出現します。

女性の症状

感染機会から2〜10日感の潜伏期をへて比較的突然に発症します。

外陰部から肛門近くにかけて浅い潰瘍や水疱が多発します。

痛みが強くでて排尿も困難になったり歩行も辛くなることもあります。

また足の付根のリンパ節が腫れ押すと痛くなることもあります。

再発について

ヘルペス患者の6〜7割は再発となってます。

再発時には初感染とほぼ同じ部位に病変を形成します

初感染より症状は軽く治癒までの期間も短い傾向にあります。

再発する前に陰部の違和感やピリピリした痛みの前兆を感じることもあります。

再発の頻度は個人差があり頻繁に再発する人もいれば再発しない人もいます。

検査

ヘルペスの検査には迅速検査キットと血清抗体検査などがあります。

迅速検査キット

迅速検査キット(イムノクロマトグラフィー法)は病変部を拭って検査できます。

症状が乏しかったり病変部が分かりにくい場合は検査が難しいこともあります。

検査結果は20〜30分程度でわかります。

比較的精度の高い検査ですが偽陰性になることもあります。

血清抗体検査

血清抗体検査は血液中の抗体を調べて検査します。

ただし現在感染しているか過去の感染の名残なのか判別が困難です。

また水ぼうそうなど既往で偽陽性になることもあります。

そのためヘルペスを診断する上で補助的な検査との位置づけです。

項目 料金 採取部
ヘルペス 即日 5,500円 性器
ヘルペス 抗体 5,500円 血液

治療

抗ヘルペスウイルス薬によりHSVの増殖を抑制することにより治癒までの期間を短縮させます。

初感染の場合

抗ヘルペス薬を5〜10日間服用します。

重症例では注射薬を使用することもあります。

抗ヘルペスウイルス薬はHSVを完全に排除することはできません。

そのため一度HSVが感染すると神経節に潜伏感染しており再発のリスクは常にあります

再発の場合

抗ヘルペスウイルス薬を5日間服用します。

早めに薬を内服することで病変の出現を最小限に抑えることこができます。

再発を繰り返す場合はあらかじめ薬を携帯することをおすすめします。

項目 料金 用法
ヘルペス 11,000円 5日間分

予防について

HSVに感染すると完全に排除することができないので感染予防が大切になります。

コンドームの使用で感染リスクを下げられますがそれでも感染のリスクは残ります。

症状があるときは行為を控えたりして感染リスクを抑えるよう注意しましょう

もし感染してしまったときは再発の予防が大切になります。

免疫力が落ちないように睡眠不足や栄養不足、ストレスを避けて体調管理に努めましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME