メニュー

カンジダ

カンジダとは

性器カンジダ症はカンジダによって起こる性器の感染症です。

女性は膣炎や外陰炎として発症することが多いです。

性器の感染症では日常頻繁にみられる疾患です。

何らかの誘因で発症することが多く、抗生剤の投与で発症することもあります

女性においては日常的によく見られる感染症です。

男性の場合は亀頭包皮炎などで発症することがあります。

また尿道に感染して尿道炎の症状となることもあります。

カンジダの顕微鏡写真
情報元:CDC

原因

体力や免疫力の低下

抗生物質の服用

生理前などのホルモンの変化

陰部の通気性が悪かったり湿度の高い環境

症状

男性の場合

亀頭や包皮を中心に痒みや違和感を感じることがあります。

見た目は冠状溝や亀頭に発赤は小さな水疱、ただれやカスが出現します。

尿道炎では尿道の痒みや違和感、痛みを伴うこともあります。

包茎や糖尿病などあるとより発症しやすくなります

女性の場合

外陰や膣の痒みやおりものの増量などを感じることがあります。

時には痛みや性交痛、排尿痛を伴うこともあります。

見た目は外陰部の腫れや赤み、ヨーグルトのような白いおりものが見られます。

検査について

培養法

検体を培養してカンジダを検出する方法です。

寒天培地で検体を培養して1週間程度で結果が分かります。

検査の方法

男性の亀頭や包皮を綿棒で擦って検査します。

尿道の検査は尿検査となります。

女性は外陰や膣を綿棒で擦ったり拭ったりして検査します。

項目 料金 採取部
カンジダ 5,500円 性器
カンジダ 5,500円 皮膚

治療

男性の亀頭や包皮であれば抗真菌薬の軟膏やクリームを塗布します。

尿道であれば抗真菌薬の内服薬を服用します。

女性の外陰は抗真菌薬の軟膏やクリームを塗布します。

膣内であれば膣錠を使用しますが、内服薬を使うこともあります。

膣錠には連日使うタイプのものと週1回使うタイプのものがあります。

連日使うタイプの膣錠のほうが治療効果がやや優れると言われています。

項目 料金 用法
カンジダ 尿道 11,000円 1週間内服
カンジダ 膣 11,000円 膣錠6回分
カンジダ 皮膚 11,000円 軟膏

治癒判定

治療により皮膚症状や膣症状が消失すれば治癒とします。

症状が再燃した場合は再度検査や治療を再開とします。

予防について

カンジダは温かく湿った環境を好みます。

そのため通気性の良い乾燥した環境を心がけましょう。

通気性の良い下着を着用し、濡れたり湿ったりしている場合は着替えましょう。

入浴や水泳の後はよく乾かしてから下着を着用しましょう。

清潔を心がけ、体力や免疫力を落とさないようにしましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME