メニュー

AGA

著者:院長 福地裕三

AGAとは

男性型脱毛症のことで英語でAndrogenetic Alopeciaの略になります。

日本人の約30%がAGAとも言われており加齢と共に割合は大きくなっていきます。

個人差はありますが思春期以降に徐々に始まり進行していきます。

一般的には20代から30代にかけて発症して、40代以降にかけて徐々に進行していくことが多いです。

原因としては男性ホルモンや遺伝が影響すると言われています。

髪の毛のサイクルは成長期、退行期、休止期の順でサイクルしています。

AGAではこのうち成長期の期間が短くなってしまい前頭部や頭頂部の髪が細く短くなり徐々に髪が少なくなってしまいます。

そのため早めに対処してケアしていくことが大切になります。

AGAの治療

AGAの治療はジヒドロテストステロン(DHT)を抑える治療をします。

ただ毛母細胞が死滅してしまうといくらDHTを抑えても発毛効果はありません。

そのため早期に治療を開始して弱った毛母細胞を守ることが大切になります。

死滅しないようにDHTから毛母細胞を守り寿命を伸ばしていきます。

プロペシア

男性ホルモンの一種であるテストステロンが5α-還元酵素によってDHTが産生されます。

また5α-還元酵素は1型と2型の2種類あります。

プロペシアは2型の還元酵素のみを阻害してDHTの産生を抑制します。

一般的にはザガーロの方が発毛効果が高いと言われていますが体質によってはプロペシアでも十分な効果を得られることもあります。

まずはプロペシアから試されても良いと思います。

プロペシアについて

ザガーロ

男性ホルモンの一種であるテストステロンが5α-還元酵素によってDHTが産生されます。

また5α-還元酵素は1型と2型の2種類あります。

ザガーロはこの2種類の還元酵素を阻害してDHTの産生を抑制します。

2型のみ阻害するプロペシアやフェナステリドより発毛効果が高いと言われています。

ザガーロについて

項目 日数 料金
プロペシア ジェネリック 1箱28日分 5,000円
ザガーロ ジェネリック 1箱30日分 7,000円

AGAの進行パターン

進行のパターンとして頭頂部からくるOタイプ、額の生え際からくるMタイプ、前頭部からくるU(A)タイプの3つのパターンがあります。アジア人は欧米人に比べ頭頂部からくるOタイプが多いとも言われています。

AGAの原因

AGAの原因は男性ホルモンや遺伝、生活習慣などが関わっていると言われています。

その中でも男性ホルモンの影響が一番大きく関わっています

男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)が影響して髪の成長を抑制してしまします。

このDHTは男性ホルモンの一種であるテストステロンが5α-還元酵素によって変換され生産されます。

そのためこのDHTの活動を抑える必要があります

そうすれば髪の成長の抑制を防ぐことができます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME