メニュー

トリコモナス

トリコモナスとは

トリコモナスはトリコモナス原虫が感染する性感染症です。

昔から知られている性感染症の一つです。

まれに再発を繰り返したり治療に難渋することもあります。

感染者の年齢層が幅広く中高年者でもしばしばみられることがあります。

また性交経験のない女性や幼児でも感染者が見られることがあります。

下着やタオルなどからの感染や便器や浴槽からの感染が知られています。

トリコモナスの顕微鏡写真
情報元:CDC

症状について

感染してからの潜伏期間は10日程度といわれています。

男性の場合

尿道の違和感やかゆみ、膿など尿道炎症状を伴うこともあれば無症状のことも多いです。

また前立腺に感染して前立腺炎をおこすことも多いです。

本来は前立腺や精嚢に感染しており尿道に出てくることで尿道炎症状をおこします。

女性の場合

男性に比べ女性の症状は非常に多様です。

症状は泡状の悪臭の強いおりものの増量や外陰や膣の痒みや刺激感です。

ただし症状がない方も20〜50%程いるといわれています。

トリコモナスは膣内の環境を乱すことにより細菌が増殖しやすくなります。

それにより臭いの原因となる嫌気性菌や大腸菌が増殖し悪臭を放ちます。

トリコモナスを治療することで膣内環境が整い症状が落ち着きます。

時には細菌性膣炎の治療も必要となることもあります。

トリコモナスの症状

検査について

検査の種類

顕微鏡検査

顕微鏡で動き回るトリコモナス原虫が観察できれば診断となります。

見つかればすぐに診断がつきますが、見落としてしまう可能性もあります。

培養検査

トリコモナス用の培地で培養して検査します。

培養のため数日から1週間ほど時間がかかります。

DNA検査

上記の2つの検査に比べて精度が高い検査になります。

当院はこちらの精度の高いDNA検査を行なっております。

2日から4日ほどで結果がでます。

検査の方法

男性の方は尿を採取しておこないます。

女性の方は長めの綿棒のようなもので膣から分泌物を採取して行います。

生理中の方は検査ができないため終わってから検査をします。

項目 料金
トリコモナス 尿道 5,500円
トリコモナス 膣 5,500円

治療について

5ニトロイミダゾール系という抗原虫薬を10日間ほど内服して治療します。

女性の難治例では膣錠を併用して治療することもあります。

治療中に飲酒を控えた方が望ましいです。

普段よりアルコールの分解が弱まるため悪酔いしやすくなります。

項目 料金 用法
トリコモナス 11,000円 10日間内服

予防について

パートナーがいる場合はパートナーも検査して陽性であれば治療が必要です。

治療しないとピンポン感染といって再度うつし合ってしまいます。

また感染を完全には防げませんがコンドームの使用は感染リスクは低下させることはできます。

リスクのある人との性行為を避けることでもリスクを減らすことができます。

また不衛生なトイレや浴場での感染の可能性もあるため気をつけましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME