メニュー

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマとは

尖圭コンジローマはヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の感染により引き起こされる性感染症です。

HPV は180種類以上の型に分類されており、性器から検出されるのは40種類以上にもおよぶ。

尖圭コンジローマの原因となるHPVは低リスク型の6型と11型が約90%を占めています

発癌と関わる高リスク型の16型や18型も一緒に感染していることもあります。

HPVは性的な接触により皮膚や粘膜の小さなキズから侵入して細胞に感染します。

感染後は3週間から8ヶ月の潜伏期間をへてイボを発症します。

潜伏期が長いため感染の時期が特定できないことも多いです。

また分娩時に母子感染すると子供に感染することもあります。

症状について

男性の場合

亀頭や冠状溝、包皮、陰嚢、尿道口、肛門などにイボが発症します。

つぶつぶの表面に鳥のトサカ様あるいはカリフラワー状のイボが出現します。

色は淡い赤い色ないし褐色で、ときに巨大化もします。

一般的に痒みや痛みなどの自覚症状は伴いません。

肛門性交で肛門に発症することもあります

女性の場合

大陰唇や小陰唇、膣入り口から内部、膣から肛門にかけて発症します。

正常な膣前庭乳頭症との見分けが難しいこともあります。

高リスク型のHPVの16型や18型が一緒に感染していることもあります

女性は子宮頸癌の発症のリスクになる可能性があります。

診断と検査

特徴的なイボのため見た目で診断が可能です。

女性の場合は膣内に発症していることもあり膣内の診察が必要です。

肛門性交により肛門内に発症することもあり肛門鏡での診察が必要です。

免疫力の低下の可能性がある場合はHIVの検査も受けましょう

検査の種類

ハイブリッドキャプチャー法

低リスク型や高リスク型のウイルスがいるかどうかを検出します。

数日から1週間ほどで結果が判明します。

それぞれ複数の型を一括して検出するため型の種類までは分かりません。

項目 料金 採取部
HPV(高リスク) 7,700円 性器・皮膚
HPV(低リスク) 7,700円 性器・皮膚

治療について

クリームの外用

イボに対して隔日で週3回塗布して6〜10時間後に洗い流して使用します。

作用としてはHPVの増殖を抑制したり、HPVに感染した細胞を障害したりします

副作用として赤みがでることがありますが症状が強いときは休薬して対応します。

欠点としては治療期間が数週間かかることです。

凍結療法

液体窒素を含ませた綿棒をイボに押し当てて何度か凍結させます。

これを1〜2週間ごとに繰り返していきます

痛みは伴うものの局所麻酔は不要です。

治療期間は数週間かかります。

外科的療法

レーザーや電気メス、ハサミなどでイボを除去します。

いずれの場合も局所麻酔が必要になります。

治療期間は短めですが再発しやすいデメリットもあります。

当院では行っておりません。

項目 料金 用法
尖圭コンジローマ 11,000円 クリーム(2週間分)
尖圭コンジローマ 5,500円 1回(液体窒素)

予防について

HPVは皮膚や粘膜の小さな傷から侵入するためコンドームの使用が有効です。

それでもコンドームだけで完全に予防することは難しいです。

HPVワクチン

尖圭コンジローマの予防に効果のあるHPVワクチンがあります。

HPVワクチンの接種により尖圭コンジローマの発症を予防できます

HPVワクチン

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME